of 性質・特徴 [of + 抽象名詞]
twitter hatebu

解説
■of + 抽象名詞 という形で名詞を後ろから修飾したり、be動詞の後に置かれ補語になり、物事が持つ抽象的特長を表すことができます。なお、of + 抽象名詞は形容詞で書き換えることができます。


・This is a book of importance.
「これは重要性を持つ本だ → これは重要な本だ」
 = This is an important book.
・He is a man of ability.
「彼は能力を持つ人だ → 彼は有能な人だ」
 = He is an able man.
・This is a picture of his own painting.
「これは彼自身が描くという性質を持つ絵だ → これは彼自身が描いた絵だ」
 = This is a picture which he painted himself.
(参照:名詞 + of one's own ~ing […自身が~した-]

■なお、抽象名詞の前に great / much / a little / little / no などの形容詞を付けて、程度を表すこともできます。
・This tool is of great help.
「この道具は大いなる有用性を持っている → この道具は大いに役に立つ」
 = This tool is very helpful.
・This textbook is of no use.
「このテキストはまったく有用性を持っていない → このテキストはまったく役に立たない」
 = This textbook is not useful.
・He is a man of sense.
「彼は分別を持っている人だ → 彼は分別のある人だ」
 = He is a sensible man.
・This stone is of no value.
「この石は価値を持っていない → この石は価値がない」
 = This stone is not valuable.
・Can I be of any service to you ?
「私は何らかの役立つことを持っているでしょうか→何かお役に立てるでしょうか」
 = Can I be helpful to you?
関連問題