it の用法:形式主語
twitter hatebu

解説
英語には、文末重心 [end-weight]という語順の規則があります。文末重心とは、情報量が多いもの・長い句や節を文末に移動させるというものです。主語が重い場合にはそれを文末に移動させますが、その代わりとして主語の位置には「形式主語」と呼ばれる it を置くことになります。形式主語を使わない文は、非常に不恰好でアンバランスに聞こえます。
形式主語の構文は、以下の表のような形をとります。

■真主語に to 原形を置く場合
It is dangerous for children to smoke.
「子供が喫煙するのは危険だ」
It would be difficult for you to understand this book.
「君がこの本を理解するのは難しいだろう」
It is impossible to master French in a month.
「一月でフランス語を習得するのは不可能だ」

■真主語にthat節を置く場合
It is necessary that you should go to her as soon as possible.
「君ができるだけ早く彼女の元に行ってあげることが必要だ」
It is evident that he hates his brother.
「彼が弟を憎んでいることは明らかだ」
It is true that he won the first prize.
「彼が一等を取ったのは本当だ」

* It is と that が省略される場合もあります:
No wonder / Small wonder he got married to Mary.
= (It is) no wonder / small wonder (that) he got married to Mary.
「彼がメアリーと結婚したのは不思議ではない/大して驚くことではない 」

■真主語にwh-節を置く場合
It doesn't matter who finds the truth.
「誰が真実を見つけるかは重要なことではない」
It is a mystery why he killed himself.
「彼がなぜ自殺したかは謎である」
It matters little when you will finish the job.
「君がいつその仕事を仕上げるかはほとんど重要なことではない」

■真主語にwhether ( or not ) 節を置く場合
It does not interest me whetehr you succeed ot not.
「君が成功するか否かには、私は関心がない」
It is up to you whether you go or stay.
「行くか留まるかはあなた次第だ」
It is doubtful whether he will be able to come here.
「彼が来れるかどうかは疑わしい」

■真主語に if 節を置く場合 (whether を使う方が一般的)
It is unknown if she will return to school.
「彼女が学校に戻るかどうかは不明です」
It is not clear if he will join our party.
「彼が私たちのパーティーに出席するかどうかはよくわかりません」

■真主語に動名詞を置く場合(使用に強い制限があります)
* この形の構文に使われる主な形容詞は以下のように感情的な形容詞が多いのが特徴です
no use = no good = useless「役に立たない」「無駄な」
tough, hard 「辛い」
foolish「ばかばかしい」, annoying「厄介な」
lovely, wonderful, etc

It is no use crying over spilt milk.
「こぼれたミルクを嘆いても無駄だ→覆水盆に返らず」
It is useless arguing with him.
「彼と議論しても無駄だ」
It is annoying walking in the rain.
「雨の中を歩くのは面倒だ」
関連問題